新卒1年目ピカピカにっき

就職を前にした大学院生のほんわかした日々

6年ぶりの日曜の感じ

金曜の新人歓迎会で芸出しをやった。つるんつるんに滑るだろうと覚悟を決めてたつもりだった。僕らがクイズを出してそれを先輩方に当ててもらうっていうのをしたんだけど、滑りもしなかった。そもそもあんまり見てない。普通に隣の人と喋ったりしてる。「ん?おわったの?パチパチパチ…」みたいな。挙手制だったけど手が全然上がらん。僕らはウケるウケないのラインを心配してたけど、そういうことじゃなかった。見てなかった。そんな感じでそれ以外特に何もなく会は終わり、2次会にも連れて行ってもらったけど皆さんもうめっちゃ元気。研修しか受けてない僕らと違って残業とかあっての金曜なのに。僕はもう疲れと緊張と芸出しの拍子抜けで口角を定期的に上げ下げすることしかできなかった。隣に座ってた同期も同じ感じだった。

社会人になって初の土日はちょっと買い物しに外出たくらいで、大体家でだらだらしてた。今(日曜の午後7時)くらいの「明日から月曜か…」の感覚は6年ぶりだ。大学の、特に4年〜院2年は休日とか平日とかほとんど関係なかったんだなぁと今になって思う。来週から福岡の同じ系列会社の新社員が鹿児島に来て合同研修がある。教育担当曰く、年齢的にも性格的にも大人びた人が多いらしい。早速明日終業後に新人だけで飲み会がある。3時間飲み放題コースだけど果たして持つのか…!

 

タイトルを変えました

もうすぐ就職する大学院生のにっきというブログ名でやってきたけど就職してしまったので変えました。新卒1年目頑張るぞ!ヨイショ!

明日は終業後に新人歓迎会があって、そこで新人は芸出しをするのが恒例らしい。なんでだ。歓迎会って言ってるのになんで開始30分後に大恥かかんといかんのだ。昨日ドンキで買ったピコピコハンマーを明日会社に持ってかないといけない。しかも明日は最初に病院で健康診断を受けてから会社に向かうから病院にも持ってかないといけない。入社してからピコピコハンマーを会社に運ぶまでの日数は世界最速なんじゃないか。

就職してからの悩み

まだ研修中だから定時上がりであるけど終業後に金曜の出し物の練習をするため帰りが9時ごろになる。それくいの時間になると体臭がとびきり臭くなってくる。今日も急にギッ!臭ッ!と思ったら自分の口臭だった。あと顔のテカリが尋常じゃない。ニス塗りたてのフローリングみたいにピカピカになる。そして眠い。6時台に起きるなんて高校生以来だから午後からすんごい眠たくなる。仕事自体の悩みが生じる前にこれらを解消しておかねば。

就職した

「もうすぐ就職する大学院生のにっき」というタイトルでやってるけど昨日から就職してしまった。あんだけ嫌だ嫌だ思ってたのに、いざ出勤してしまうと嫌だという気持ちはそれほどない。かと言ってよっしゃ頑張るぞなんて事もない。無。ただただ雇用契約と教育担当の指示に則って体を動かしているだけ。感覚としては大学よりも中学高校の新学期に近い。とりあえず指示通りのことをする。そこに自分の考えを乗せることはない。そうこの感じは知り合いの居ないクラスメイトに埋もれて体育館に整列させられてるときの感じだ。大学が人生の夏休みってこういうことだったのか。

昨日は入社式あって社内の案内を受けたりパソコンの設定したりいろんな人の話聞いたりした。同期のみんなは疲れたと言ってたけど僕は8時間くらい寝てたからそうでもなかった。今日はずっとパソコンの設定してた。今日のが疲れた。

今日仕事帰りに同期と金曜にある新人歓迎会の出し物(今度後述、個人的には釈然としてない)の話し合いをするため会社近くのファミレスに歩いて行った。その途中で院生のときにめっちゃ一緒にご飯行ってた友人とすれ違った。お互いスーツでなんかすごく切なかった。うっわ、こいつスーツなんか着て、社会人かよ。あっ、自分もだ。あっ、そうか…もう学生じゃないんだな…。

現状をネガティヴっぽく文章にすると気持ちの方も落ち込み気味になる。だからポジティブに明日からもがんばろ!ホイホイ!畜生!

アメリカ西海岸旅行(9日目)

〜9日目〜

最終日はサンタバーバラへ。

f:id:Ieanard838:20180330054240j:imagef:id:Ieanard838:20180330054248j:image

観光地というわけではなさそうだったけどのどかで住みやすそうなところだった。こっちは日差しが強くてもジメジメした暑さがない。

f:id:Ieanard838:20180330054416j:imageラーメンを食べた。

 

このあとサンタバーバラの大学やダウンタウンとかを見回ってロサンゼルスから10時間かけて日本に帰ってきた。今から鹿児島に戻ります。

 

 

 

アメリカ西海岸旅行(7日目、8日目)

〜7日目〜

セスナ機に乗ってグランドキャニオンへ。

 

f:id:Ieanard838:20180329164541j:image

f:id:Ieanard838:20180329164618j:image

f:id:Ieanard838:20180329164626j:imageいや行く途中の時点ですごい!

 

f:id:Ieanard838:20180329164753j:imageどこまで続いてるんだろうこの景色。珍しく雪が降ってたので見通しは悪かった。

 

f:id:Ieanard838:20180329164932j:image

 

 f:id:Ieanard838:20180329164958j:image

 

f:id:Ieanard838:20180329165020j:imageにしてもすごかった。絶景を前にすると人はすごい、とかやばいみたいなことしか言えなくなる。

 

f:id:Ieanard838:20180329165222j:image20時くらいにラスベガスに戻って引き続き散策。これがホテルの中って信じられない。

f:id:Ieanard838:20180329165332j:image

 

f:id:Ieanard838:20180329165432j:image

 

f:id:Ieanard838:20180329165450j:image

 

f:id:Ieanard838:20180329165525j:image噴水ドッ!!

 

〜8日目〜

ラスベガス最終日。いろんなホテルを回ってから北のほうにあるアウトレットへ。日本のよりも割引率が高い。あと全ての建物に言えるけど、店舗内が広くて歩きやすい。

21時ごろの飛行機でロサンゼルスに戻りました。

f:id:Ieanard838:20180329165924j:imageラスベガス最後の景色。

 

f:id:Ieanard838:20180329165949j:image

f:id:Ieanard838:20180329170029j:image

機内で見た夜景は何よりも綺麗だった。また来たい〜グググ…。

 

 

 

アメリカ西海岸旅行(5日目、6日目)

〜5日目〜

リトルトーキョーのホテルをチェックアウトしてサンタモニカへ。

f:id:Ieanard838:20180329161519j:imagef:id:Ieanard838:20180329161535j:imageサンタモニカめちゃよかった!店をブラブラ見たりカフェでのんびりしたけどもうちょっといたかったな。パフォーマーの人がたくさんいた。

f:id:Ieanard838:20180329161851j:imageこのシリーズのフィギュアはいろんな店にある。

 

f:id:Ieanard838:20180329161734j:imageザザーン。

次の日が5時起きだったので空港近くのモーテルに泊まり早めに就寝。壁が薄くて隣の部屋からの喘ぎ声がうるさかったせいであんまり寝られず。

 

〜6日目〜

飛行機でロサンゼルスからラスベガスへ。

f:id:Ieanard838:20180329162611j:image空港の中にスロットある!頼もしいね。

 

f:id:Ieanard838:20180329162652j:imageそしてラスベガスどーん!

 

f:id:Ieanard838:20180329162724j:imageどーん!

 

f:id:Ieanard838:20180329162758j:imageどーん!わーはっはっは!ラスベガスは街全体が娯楽に全振りしているようなところでした。お昼はベラッジオというホテルでバイキング。

f:id:Ieanard838:20180329163430j:image

f:id:Ieanard838:20180329163454j:image世界中の料理が並んでて、各国の料理を1つの皿によそってるときに「あ、この瞬間死ぬ前に走馬灯で見るやつだ」と本気で思った。

 

f:id:Ieanard838:20180329163649j:imageカジノは撮影禁止だったので遠巻きから。ルーレットに20ドルかけたけど10分も経たず終わった。椅子に座ってチップをどこに置くか考えてるとき「自分今めっちゃカジノしてるやん」とワクワクした。お金持ちになったらまた来たい!

 

そのあと他のホテルの中のショッピングモールを回って、夜はブルーマン・ショーを観た。前に日本でもちょっと話題になった青い3人組のやつ。これがラスベガス本場のショーじゃい!と見せつけられている気分だった。

f:id:Ieanard838:20180329164257j:image夜のラスベガスはマジで夢の中みたいな世界だった。